Archive for the ‘債務整理、裁判業務’ Category

借金の整理と不動産売却

2021-11-06

おはようございます!下北沢司法書士事務所の竹内と申します。権利関係が複雑になった不動産の売却支援、大家さん向けに孤独死や家賃滞納問題の解決、債務整理や借金問題、相続や相続放棄、遺言、会社設立や会社解散などの法務手続きをしております。

今日は借金があるときの不動産売却、「任意売却」についてお話します。

任意売却とは?

任意売却とは、自宅不動産などでローンの返済が滞ってしまい、銀行から一括返済を求められてしまったときなどに使われる不動産の売却方法です。任意売却の最大の特徴は、残りのローンの金額を下回る金額で対象不動産を売却すること。通常、不動産を売るときは残りのローン金額より高い金額をうわまわる金額で売却しなければなりません。なぜなら、不動産を売却するときに売却したお金で全てのローンを返さないと銀行などの金融機関は借り入れている登記を消してくれないからです。不動産登記簿に借り入れの登記が残っていると、銀行などの金融機関は返済が滞った借金を簡単に競売にかけて売却することができます。これは不動産の所有者が変わった後も一緒です。買った人からしたら、せっかく不動産を買ってもその不動産を競売にかけられて売却されてしまい、借金だけが残る危険があります。こんな状態では不動産取引は成立しないので、ローン以上の金額で売却して借り入れた金額は全て返済しなければならないのです。任意売却は「ローンが全て返せなくても」銀行と相談して借り入れの登記を消して売却する方法です。競売で売却するよりも一般の市場で売却したほうが高い価格で売却できるため、銀行などの金融機関は競売よりも損失を抑えられる任意売却に応じる可能性が高いのです。

任意売却のポイント

任意売却は不動産業者や弁護士、司法書士などが連携して売却活動に取り組まなければなりません。通常の不動産売却は買い手の方との交渉になりますが任意売却は銀行などの金融機関とも交渉しなければなりません。また売却が決まった後の手続き先も法務局に加えて裁判所も加わります。また、司法書士に対してもお金を貸している金融機関があまり友好的に接してくれないこともあります。これらをそつなくさばき、売却するあなたにメリットをもたらすためにはマニュアル通りで柔軟に対応できない司法書士や不動産業者では駄目です。経験があり連携できるチームで仕事に取り組む必要があります。

 

今日は任意売却についてお話をしました。下北沢司法書士事務所では、借金問題で苦しむあなたをサポートします!私も若い時無職になってしまったり、この事務所を作った時も最初はお金に苦しみました。あなたの辛さも少しは理解しているつもりです。地元の世田谷区をはじめ、目黒区や渋谷区、杉並区や中野区、新宿区、調布市や府中市、狛江市、多摩市、吉祥寺や国立市、川崎市高津区や宮前区、横浜市青葉区や西区などの地域からご依頼いただいている下北沢司法書士事務所にぜひご相談くださいませ!それ以外の地域ももちろん、全国のみなさまの相談を受け付けております!!

下北沢司法書士事務所 竹内友章

士業の価値は優しさ

2021-10-07

おはようございます。下北沢司法書士事務所の竹内でございます。高齢入居者の死亡や家賃滞納に関する手続き、成年後見、遺言や相続、信託や不動産売却支援、会社設立などの法務手続きをしております!

さて、今日はちょっと意識高い系になるかも知れません。うちの事務所では、相続財産の引継ぎを一括で請け負ったり高齢入居者が死亡してしまった大家さんに代わり、相続人の方とやりとりする仕事が多いです。ほかにも数人で相続した不動産を売却したり、会社内で株主が仲たがいしてしまった話を収束させたり。辛かったり悲しかったり寂しかったり怒ってたり色んな感情と向き合う仕事です。相続財産の引継ぎでは、銀行や役所の無機質な対応に心を痛めている方がいらっしゃいます。高齢者がお部屋で死亡してしまった大家さんは杓子定規に法律を説明されてもそれが乗り越えられない途方もない作業だったりします。こういう場合は、私も法律の説明をしながら「これは相談者さんにとって理不尽だ」と思いながらご説明をします。当事務所では、銀行の無機質で事務的な説明や、通り一遍等の説明しかしない司法書士や弁護士と違う点があります。それは相談者さんにとって理不尽だということを常に念頭において説明すること。それだけで、相談者さんに寄り添った説明になります。そして、もちろんそれだけに留まらず問題を解消したり緩和したりする手段を考え、実行すること。相続不動産の売却では司法書士が精算表を作成することで公平感や納得感を提供したり、司法書士の立場を生かして株主さんの希望を感情抜きで聞き出して一致点を探したり。こういう問題を緩和することによって相談者さんに一定の満足感を提供することができます。ビジネスセミナーの講師のようですが、これからの士業は「感情ビジネス」だと思ってます。手続き、関係者の調整作業はあくまで手段。その先にある相談者さんの納得感、納得までいかなくとも辛くて嫌な感情を柔らかくすること。これが士業の特に司法書士の価値だと思ってます。

下北沢司法書士事務所では、東京だけでなく神奈川、千葉、埼玉、茨城などの近隣県、更には全国のご相談に対応します。ぜひ、下北沢司法書士事務所にご相談くださいませ!

下北沢司法書士事務所 竹内友章

借金問題!ホントに家族バレしないの!?

2021-09-27

おはようございます!下北沢司法書士事務所の竹内と申します。債務整理と借金問題、成年後見のご相談、相続や遺言、信託、不動産売却支援、会社設立など法務手続きのサポートをしております!!

 

今日は債務整理について。とくに任意整理のお客さまに多い質問ですが「家族にばれないですか?」という質問。「安心してください。守秘義務はいてますよ。」と一言で回答しても正解ですが、もう少し詳しく話していきましょう。

まずは原則論。司法書士には守秘義務、つまり秘密を守る義務があります。ということで仕事で知った話をベラベラ人にしゃべってはいけません。根拠条文は司法書士法の24条。そこには「正当な事由がある場合でなければ、業務上取り扱つた事件について知ることのできた秘密を他に漏らしてはならない」と書いてあります。正当な事由があればバラされちゃうと心配になるかも知れませんが、刑事事件での証人尋問などなかなかの特殊場面でしかこの正当事由には当てはまりませんので、あなたがこの特殊ケースにぶち当たる可能性は相当低いでしょう。じゃあ絶対、家族にバレることは無いのか?というと、100パーばれないとは言い切れません。司法書士からのメールをたまたま家族に見られてしまう可能性はありますし、また司法書士と電話でやりとりしていて雰囲気で家族にバレちゃうかも知れません。そこまでは保証できないので、もし本当に家族バレしたくない人は電話していい時間帯など司法書士と細かく打ち合わせた方がいいでしょう。ただ、もちろん押しつけはしないものの、自分から正直に家族に話してしまった方が楽だと思います。任意整理が終わった後も借金との付き合いは3年~5年にわたって続くことが多いですし、その間は毎月数万円ずつ借金返済に使うことになる方が多いです。給料の金額次第でしょうが、毎月数万円の出費を何年も家族に隠し通すのはキツいのではないでしょうか。それに借金があることを素直に言うことによって、返済そのものや借金の原因(お酒や買い物、ギャンブルなど)をもうしないように家族の協力を得ることができるかも知れません。原因が言いにくかったら、そこは適当にゴマかして借金があることだけ伝えてもいいと思います。

本日は、債務整理・任意整理のときに多い家族バレについてお話しました。下北沢司法書士事務所では、世田谷区以外にも渋谷区、新宿区、杉並区、中野区、目黒区などの近隣地域・豊島区、練馬区、北区などの北東京・江戸川区、江東区墨田区などの東東京を含む東京23区に対応。更には神奈川県横浜市や川崎市、千葉県や埼玉県などの方、そして全国の方のご相談に対応します!ぜひぜひご相談ください!

下北沢司法書士事務所 竹内友章

 

消費者金融より怖い!?奨学金の借り入れ

2021-09-18

おはようございます!下北沢司法書士事務所の竹内と申します。債務整理や借金問題、相続と遺言、成年後見や信託、不動産売却支援、会社設立などの法務手続きをサポートをしております!!

今日は奨学金についてお話します。消費者金融やクレジットカード会社からの借金と同時に多いのは、奨学金からの借り入れ。独立行政法人日本学生支援機構からの貸与型奨学金に苦しんでいる方がたくさんいます。この奨学金は、まぎれもない借金。独立行政法人がやってるということで優し気なもんかなと思うかも知れませんが、キッチリカッチリ取り立ててきます。それどころか、任意整理の交渉は消費者金融・クレジットカード会社より効きにくく、もしかしたらその辺の借金取りより怖いかも知れません。また奨学金には個人保証人が必要なため、親御さんなどが連鎖して自己破産してしまうリスクがあるという非常に怖いものです。では奨学金の返済がキツい時にはどうするか?奨学金には返済を一定期間猶予する制度や、ケガや病気などで満足に働けない場合は月々の返済額を半分にして返済期限が長くする制度などがありこれらを利用して対応していくことになります。

下北沢司法書士事務所 竹内友章

ざっくり説明!過払い金!!

2021-09-15

こんにちは!下北沢司法書士事務所の竹内と申します。債務整理と借金問題、成年後見のご相談、相続や遺言、信託、不動産売却支援、会社設立など法務手続きのサポートをしております!!

 

今日は過払い金についてお話します。さて、私も含めて司法書士、弁護士には非常に悪い癖があります。それは「正確に伝えようとして話が長くなること!」そこで、日本一わかりやすい過払い金説明を目指して、余計なとこはバサっと切ろうと思います。次の3つだけ覚えて帰ってください。

 

①過払い金とはなにか?

過払金は、法律で認められた金額を超えて消費者金融・クレジットカード会社などのお金を貸してる人があなたからとりすぎた利息です。

 

②なぜ取りすぎたのか。

昔はどれだけ利息がとれるかはっきりしておらず、消費者金融・クレジットカード会社などは商売ですので、最大限高い利息を取っておりました。それが、ある時期に裁判で「それ取りすぎだからかえせよ。この判断はあんたら借金取りが過去にお金貸した人に対しても一緒なんでよろしく」と言いました。それなので、この裁判の時より前の借金には過払金が発生する可能性が高いです。

 

③あなたに過払い金は返ってくるのか?

さぁ理屈はどうでもいい。大事なのは「あなたに過払い金がかえってくるか」ですね。②の裁判があったのは平成18年です。これ以降は消費者金融やクレジットカード会社も気を付けますので過払金が発生しないように貸してます。つまり、平成18年より前、かなり昔の借金に対しては過払い金が発生する可能性が高いです。そして、大きな問題が1つ。それは時効です。最後の取引から10年たつと時効になってしまいますので昔の借金で時効の壁を越えたら過払金が発生してお金がかえってくる可能性が高いと言えます。

 

過払金は武器の1つ!まだ取れる手段はある。

大手の弁護士や司法書士の広告を見ると、あたかもかなりの確率で過払金が発生するように感じるかも知れません。しかし現実にはある一定の条件に当てはまったひとだけがお金がかえってきます。それでも弁護士や司法書士に借金の相談をする意味は十分にあります。なぜなら、過払金以外にも任意整理で返済の利息をカットしたりこちらから時効が使える状態であれば返済そのものをしなくていいこともあり得るからです。過払金はあくまで手段の1つ。あなたの状況にあわせて最大限メリットのある提案してくれる弁護士、司法書士に相談することが大事です。

 

下北沢司法書士事務所 竹内友章

 

 

債務整理!どの手段を選べばいいの?

2021-09-14

おはようございます!下北沢司法書士事務所の竹内と申します。債務整理や借金問題、相続と遺言、成年後見や信託、不動産売却支援、会社設立などの法務手続きをサポートをしております!!

さて!一口に債務整理と言っても色んな手段があります。任意整理、個人再生、自己破産...。それぞれの手段がどんな内容なのかはこちらのページでも解説してます。ぜひご覧ください!

https://shimokita-office.com/saimuseiri/

しかし!みなさんはこう思うでしょう!!「いやっ理屈っぽい話はい~んだよ!オレはどの手段をとればいいのか教えてくれよ!!」そうですよね。大切なのは「あなたがどうすればいいか」です。今日はどの債務整理するかを考える「基準」をお伝えします!まずは「任意整理」か「自己破産or個人再生」かで別れます。任意整理とは消費者金融やクレジットカード会社などと個別に交渉すること。利息カットで元本は全額弁済になることは多いです。返済期間は3年~5年で返済していくことになりますがこれを月々の収入で返していけるかがポイントになります。つまり全ての銀行や消費者金融、クレジットカード会社からの借り入れの元本だけを全て合わせます。その元本を最大でも12月×5年で60で割った価格が、月々の収入から捻出できるかがポイント!ただ、これだとカツカツなのでなんとか3年の36回払いの金額を月々から捻出したいところです。これが難しかったら自己破産or個人再生を検討します。どうせなら借金がなくなる自己破産のほうがいいのかも知れませんが、自己破産だと自宅を失ったり警備員や宅地建物取引士など一部の職業でさしさわりがわるため自宅を残せる可能性があったり、仕事には法律的には影響が及ばない個人再生も選択肢の1つになってきます。

今日は債務整理の中でどの手段を選べばいいのか解説しました!もちろん、これは目安にすぎませんので個別の事情にあわせて手続きを選択してくことになります。最後までお読みいただきありがとうございました!

下北沢司法書士事務所 竹内友章

 

 

 

安易な妥協はするな!切札はズバリ時効!!

2021-09-13

こんにちは!下北沢司法書士事務所の竹内と申します。債務整理と借金問題、成年後見のご相談、相続や遺言、信託、不動産売却支援、会社設立など法務手続きのサポートをしております!!

 

時効は大事!今日は債務整理における時効の話です。「時効」という言葉そのものは多くの人が聞いたことがあると思います。時間がある程度たつと借金を払わなくてよくなるのが時効ですが、これは自動的に勝手になくなるワケじゃないのがクセ者。しなきゃいけないんですよ、権利の主張。「オレの借金は時効なんだ!」と言わなければならないわけです。これを言う前に消費者金融やクレジットカード会社からの「利息とか損害金とかカットしてやるから、和解しようぜ~。」なんて言う話にノッちゃうとせっかくの時効がパーです。消費者金融・クレジットカード会社は借金のある方に時効の権利があることは当然知ってるのに甘い話に食いつかせて、時効を消滅させる毒を打ち込んできます。では、なぜパーになるのか?時効には起算点という用語が登場します。消費者金融・クレジットカード会社の持っている借金を取り立てる権利は5年で消滅します(商法522条)。では、いつから5年なのか?この5年カウントのはじまりが起算点であり、起算点がいつからかというと基本的に「最後にお金返した日」や「最後にお金を請求された日」です。ここから5年たつと時効が使えるようになります。時効を使うことを「援用」といいますが援用を封じるカードを消費者金融・クレジットカード会社は持っています。それが「和解」です。和解すると、「お金を払う意思がある」ということになりますから「じゃあ時効使わないで払うんだね。自分で払うと言ったんだからキッチリ払えよ」と結論づけた判例があります。おそろしいことにこれは「時効を援用できることを知らなかった」人に対しても一緒。だから安易な和解は怖いのです。

今日は時効と和解の関係について書きました。全ての方にここに書いたケースがあてはまるわけではありません。詳しくは弁護士、司法書士に相談してください。それが当事務所であれば、一番うれしいですけどね。

 

下北沢司法書士事務所 竹内友章

細かいけど大事!自己破産で気を付けること。

2021-09-12

こんにちは!下北沢司法書士事務所の竹内と申します。債務整理と借金問題、成年後見のご相談、相続や遺言、信託、不動産売却支援、会社設立など法務手続きのサポートをしております!!

今日は債務整理の中の1つの手段である自己破産。自己破産の中でも細かいようでとても大事の作業を紹介します。どんな作業かというと銀行をはじめとした金融機関の振込先口座や引き落とし口座の変更。口座を開くときだけ愛想のいい銀行のお姉さんに頼まれて作ったクレジットカードの引き落とし口座に注意!ほら、お金もないのに先月もクレジットカード決済で呪術廻戦ガサっと買っちゃったでしょ。まあステイホームで一族郎党そろいもそろって家から出んなと言われちゃうんでそれもしょうがない。さて!給料の振込先口座とカードの引き落とし口座が一緒だったらどうなるか。例えば銀行のカードローンを利用し、かつそのカードローンの引き落とし口座と給料の振込先が一緒の場合。借金をしている人には「期限の利益」というのがあります。これは例えば債務整理の対象の借金が100万円とした場合、その100万円を借りた途端に返さなきゃいけないわけじゃないですよね。それだと借りた意味がないのでちゃんと「いついつまでにいくらずつ返す」と取り決めがされてます。逆に言うと「いついつまではお金を返さなくてもいい」という「期限」が来るまでは「返さなくていい」権利があるということ。これを「期限の利益」といいます。自己破産してしまうと、この期限の利益を失うことが民法137条1項を根拠に失われます。ちなみに破産法103条3項だったり銀行の約款にも同じ効果をもたらすことが書いていますがまぁおいておきましょう。期限の利益を失うとどうなるかというと「今すぐ残りの借金を耳を揃えてかえさなきゃいけない」ということになります。給料の振込先口座ですよ。毎月手取りの20万が入金されて、そして入金先の銀行には一気に借金を取り立てる権利がある。相殺といって預金を借金の返済にあてられかねません。もう生殺与奪の権を他人である銀行にガッシリ握られてます。富岡さんに怒られますよ(鬼滅の刃の1巻より)

ということで自己破産と給料の振込先口座についてお話ししました!クレジットカードの引き落としにも似たようなポイントがあるのですが長くなるので次回に譲ります。最後までお読みいただきありがとうございました!

下北沢司法書士事務所 竹内友章

これやっちゃダメ!債務整理の注意点

2021-09-08

 こんにちは!下北沢司法書士事務所の竹内と申します。債務整理や借金問題、相続と遺言、成年後見や信託、不動産売却支援、会社設立などの法務手続きをサポートをしております!!

今日は債務整理をしている人の「禁止事項」をお伝えします。これやっちゃうとダレトクでもないので、気を付けてください。あなたが依頼している弁護士さんや司法書士も困りますし、あなたにとってもマイナスです。じゃあそれはどんな行動なのか?ズバリ!
「いくつかある借入先の1つと勝手に和解だとかで話をつけちゃうこと!」
相手は消費者金融だろうがクレジットカード会社だろうが勤め先の会社だろうが友達だろうが一緒です。これが結構あるんですよ。消費者金融やクレジットカード会社は支払いが遅れたりなんかすると「あっコイツもうかえせね~~な。よっしゃ!回収できる分だけでもササっと回収しよ♪ワイはできるビジネスマン。スピーディーな損切ができる有能さよ。」ということであなたに「お客様の状況を考慮の上、円満かつ円滑に解決したいと考えております」なんて優しく殺す毒文書を送ってきます。勤め先の会社だったり友達だったりとかはやっぱり義理があるんで焦って返そうとしちゃうんですね。気持ちは分かりますしそういう風に思うあなたはとてもいい人だと思うのですがやめてください。じゃあなぜダメなのか?ここですよね。債務整理の最中は例え任意整理をしている時でも自己破産や個人再生の可能性をふくめおいて交渉を進めます。予想外の借金が出てくるかも知れないし、あなたの収入がなにかの事情で激減するかも知れません。とくにまだ色んな消費者金融やクレジットカード会社と連絡をとってどんだけ借金があるか調べているときは余計そうですね。もし自己破産や個人再生をするとなると一部の人にだけ優先してお金を返すと「偏頗弁済」といってNGとされてます。お金を貸してる人にはみんなおんなじ割合で返しましょうということですね。実はこれクレジットカード会社の引き落としにも言えるんですよね。なんせあれは相手が勝手に好き放題引き落としちゃいます。そうです、クレジットカード会社はあなたの都合なんかお構いなし!ということで引き落としに紐づけしてる口座をカラにしちゃうなどの工夫が必要です。

今日は債務整理の注意点についてお話ししました。「ここ読んどきゃ大体わかんな」的なコラムを目指してます。ぜひまた来てくださいね!

下北沢司法書士事務所 竹内友章

資料がなくても大丈夫!債務整理の情報調査!!

2021-09-03

おはようございます!下北沢司法書士事務所の竹内と申します。債務整理や借金問題、相続と遺言、成年後見や信託、不動産売却支援、会社設立などの法務手続きをサポートをしております!!

数日前に債務整理の相談をするときに、司法書士事務所へもっていく資料についてコラムを書きました!

https://shimokita-office.com/%e5%82%b5%e5%8b%99%e6%95%b4%e7%90%86%ef%bc%81%e5%8f%b8%e6%b3%95%e6%9b%b8%e5%a3%ab%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%ab%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8f%ef%bc%9f/

しかし、実際には契約書なんてなくて最近送られてきた督促状があるのみなんて方も多いです。そんな方でも大丈夫!お客様の記憶をとっかかりに借金の金額や利息などの借金の全容つかんで債務整理方針を決めていけます。なぜ大丈夫かというと貸してる消費者金融やクレジットカードに情報があるので、向こうから取り寄せればいいからです!!貸金業法という法律の19条には貸金業者は貸付の契約についての契約年月日、貸し付けた金額などを帳簿にして保存し、最後にお金を貸してから10年は保存する義務があります。この情報を消費者金融やクレジットカード会社から取り寄せて借金の全容をつかんで債務整理の方針をたてていきます。この作業は支払いが遅れている貸金業者に対してだけするのではありません。債務整理の方針をたてるためには全部の借金の金額や利息などを知らなければなりませんから全ての消費者金融、クレジットカード会社に照会する必要があります。なのであなたの記憶からどこの貸金業者からお金を借りていることを思い出せれば、1つ1つの貸金業者などに問い合わせる作業をすることになります。

借金問題で1人で考え込んでいると必要以上に大げさに考えてしまいがち。ぜひ当事務所の無料相談をご利用くださいませ!

下北沢司法書士事務所 竹内友章

« Older Entries

トップへ戻る

0368055496電話番号リンク 問い合わせバナー