Please wait...

会社設立

専門家をご利用ください。楽で親切。費用も実はお得です。

安い理由は・・・

定款には通常4万円の印紙税はかかります。

司法書士は、司法書士独自の電子証明システムを利用し、電子化された定款を作ることができます。

紙ではないので印紙税が発生しません。

これで4万円を節約❕

 

費用を抑えて、正当な専門家である司法書士を利用できます。

(行政書士さんは、登記申請の代理権はありません。そのためいざ利用してみると司法書士の方がみなさんにお手間をかけません。)

料金の具体例

会社設立報酬については会社の設計によっても変わります。お1人の方が出資者兼代表取締役、役員は2名以内の場合の費用と報酬額の概算です。

設立する会社の種類を迷われている方も是非ご相談ください。それぞれの特徴をお伝えします。

もちろん相談無料❕

実費 報酬 合計
株式会社 20万3000円 7万円 27万3000円
合同会社 6万円 6万5000円 12万5000円
一般社団法人 11万3000円 8万円 19万3000円

※実費は税金等の必ず必要になる費用です。当事務所がいただくものではありません。この他、消費税や謄本取得等の諸費用がかかります。

会社設立

司法書士に会社設立を依頼するメリット

司法書士の会社設立を頼むと、次の2点がメリットです。

・時間の節約❕楽❕❕ 

司法書士に頼めば、もちろんサインする書類は司法書士が用意しますし、そのほかに必要なことも丁寧にご案内します。印鑑を作ってサインをし、必要な書類をとるだけ。

・きちんとした会社謄本を作れる。

登記簿謄本は法律に決められた範囲であるならば申請したとおりに登記されます。住所の書き方、誰を代表取締役にするか、登記内容には様々な内容がありますが司法書士に頼めば正確に登記することができ、安心です。

良くあるご質問

会社設立について良くあるご質問です・

どれくらい時間がかかるの?

社名、本店所在地など登記事項が決まっていれば大体、1~2週間です。法人名義の銀行口座の開設は登記の後にできます。

どんな書類が必要なの?

ケースによりますが、基本的には印鑑証明書とご本人確認書類(運転免許証など)、資本金を振り込んだ通帳のコピー(やり方はご説明致します)をご用意ください。

他にも定款や委任状などがありますが、それらは私が作成し、お客様に署名と押印を頂きます。

 

・そもそも、会社作るかはっきり決めてない。作るにしてもどんな会社にしていいか分からない。

一言で会社と言っても株式会社や合同会社、社団法人などいくつか形態があります。

また株式会社も役員の人数や取締役会を置くかなど、考えるべきポイントが生じる時もあります。

これらの違いをご説明し、必要に応じて税理士も交えてお打合せ致します。