Please wait...

任意後見・その他の業務

任意後見や遺言、その他の司法書士業務についてご紹介いたします。

その他業務

任意後見・遺言

任意後見

今は元気で判断能力が十分ある方が、将来、判断能力が不十分になった時に備える制度です。財産管理や生活面の手配をする後見人候補者を、元気なうちにご自身で選んでいただけるのが特徴です。将来誰を代理人にするのか、どのような内容を代理人に任せるのか(預貯金の管理、介護施設の契約など)を契約によって決め、公正証書によって締結します。当事務所では、公正証書契約の原案作成、下記に記載のある見守り契約や財産管理契約の原案作成、任意後見人の候補者として皆様のお役に立ちます。

任意後見契約を補完する契約

任意後見契約は、ご本人の判断能力が衰えた後でしか効力が発生しません。しかし次の契約を結び、判断能力が衰える前も皆さんのご安心につなげることが可能です。

見守り契約

定期的に電話や訪問で、判断能力が衰えてないか確認する契約です。特に1人暮らしの方には必要と思われる契約です。

財産管理契約

預貯金の管理など、特定の財産の管理を任せる契約です。お体の都合でなかなか外出がしにくいときなどに有効な契約です。

遺言書作成のお手伝い

ご家族のために遺言を残される方をサポート致します。また任意後見契約と連動させて老後の安心を任意後見、亡くなられた後スムーズに手続きを進めるため遺言を残される方もいらっしゃいます。
遺言書の書き方のアドバイス、公正証書遺言の立会人としてお手伝いをします。

裁判関連

訴訟額が140万円以下の民事事件においては、皆様の代理人として裁判や和解交渉に対応することができます。代表的なものとしては債務整理や過払い金の請求、未払い金賃金の請求などがあります。

他業種との連携について

下北沢司法書士事務所には地元不動産会社や、税理士を中心とした他士業と強い連携があります。税金や不動産の問題もきちんと道筋を立てるため、当事務所では他業種との協力が必要不可欠と考えています。裁判関連の問題でも、司法書士の業務範囲の中で処理することが適切で無いときはは、弁護士のご紹介を致します。

その他の業務について

抵当権の抹消、法人登記、動産・債権譲渡登記、法定後見など司法書士業務全般に対応します。