Please wait...

月別: 2019年6月


22.06.2019
司法書士らしく民法改正について理屈っぽく解説してみた!

人生で成功したかったらどうすればいいでしょうか。

簡単なことです。

昔から誰しもが言うことを忠実に実践すればいいだけ。

それは「人の逆をいく」ことです。

駅の改札で長蛇の列になってたら、違う改札までまわりこんでチャージしましょう。

またもやデフレ全盛の世になって土地の値段がグングン下がったら、ここぞとばかりに買いあさって

値段があがるのを待ちましょう。

クラスで真ん中よりちょっとかわいいくらいの女の子がなぜか異常にモテだしたら、どうしたらこんな生き物が生まれてくるのか

不思議でしょうがないとびきりカワいいあの子に照準を定めましょう。

しかしだれでも分かってるこんなことがなかなかできません。どうしてもまわりと同じ行動をとってしまいます。

しょうがないですよね。人間だもの。

・・・ということで民法改正直前に民法改正の話をするベタベタノーアイデア司法書士、竹内でございます。

今年の7月から民法の中の相続法の改正がありますが、その中で実生活に一番影響が大きそうなのが預貯金債権の払い戻しを

認める制度の新設です。

亡くなった方の預貯金は、遺産分割協議が終わらないと銀行から払い戻しができません。

しかし、「払い戻しできない!以上!!」で終わってしまうと葬儀費用の支払いなどで困ってしまうこともあります。

そこで遺産分割協議前でも、相続された預貯金を一定額を限度として銀行から払い戻せることになりました。

一定額とやらの計算式がこちら

・預貯金債権額×3分の1×払い戻しをしたい人の法定相続分

・上限は150万円

事例設定して計算してみます。

・子が1人いる夫婦でご主人が亡くなった。

・A銀行のご主人の口座に1000万円入っている。

・亡くなったご主人の奥様が払い戻しを受けたい。

こういう場合は

1000万××3分の1×2分の1(法定相続分)=166万6666円

ですが上限が「150万円」

なので結局、150万円がこの奥さんの相続発生後、遺産分割終了前に引き出せる額です。

この新制度、かなり使いやすいいい改正なのではないでしょうか。

ただ、この制度を使ったあと遺産分割協議をすると既にお金を引き出してますので、

結局自分が後いくら相続できるのか計算は少し面倒になりそうですね。

 

下北沢司法書士事務所 竹内友章

 

 

Read more

16.06.2019
セミナー講師もやりました☆

バシっとスーツ着て、腕組んでテカテカ照明でピカピカした写真撮って、SNSでキラキラしたセミナーの告知して、

「家族の絆をつなぐ相続司法書士」

とか言ってみたかったのですがブログでふざけすぎたためもうあの場所にはいけないポイントオブノーリターン司法書士の竹内でございます。

あの場所にはいけないはずなのにセミナー講師をつとめた時のアンケートをご紹介します。

そうです、本当はまだ諦めてません。ヴィジョンぶちあげ系キラキラ司法書士へのジョブチェンジを虎視眈々と狙っております。

 

この時は、「個人事業主が気をつけたい法律」というテーマでお話ししました。

お客さんとの契約上のトラブル・・・もっというと売掛債権が未収にならない方法を中心にお伝えしております。

そういうと「契約書をビシっと作る!」みたいな話をイメージされるかもしれませんが、メールでちょこまかと

お客さんと認識をすり合わせる方法をお伝えしました。

もちろん、契約書をちゃんと作るのが一番いいのですが、言い出しにくいことも多いと思います。

現実的にやりやすい方法が

「メールでコツコツ証拠づくり」

なのです。

 

またセミナーの最後には「株式会社と合同会社の違いはなんですか?」とのご質問が出ました。

ここも司法書士らしく、

「合同会社は定款自治の原則があります。会社の内部設計を株式会社と比べてより自由に選べます。」

と説明するほうがかっこよかったのかもしれませんが、

「迷われてる方には株式会社をお勧めしてます。合同会社だと気合い入れて自分のサービスとかプロダクトについて話そうと思ったときに『なんで合同会社なんすか!?』ってそこに食いつかれるリスクがあります。」

とお話ししました。これもかっこいい言い方をすると「株式会社のが社会的信用がある。」となりますね。

セミナー講師の時に限らないのですが、なるべくお客様やご相談者の現実の生活を想像しながら、それにあった提案や助言をするよう

心がけています。

だってみんなの生活の中で法律なんてほんのほんの一部に過ぎないので、教科書的な知識よりも役立つ知識が求められてるんじゃないかなと感じるからです。

 

・・・ハっ( ゚Д゚)前のブログで法律知識を書きますよ予告をしたのにただの宣伝になっておる。次は7月に改正される新しい相続法について書くかも知れないです。←言い切って自分を追い込むことはできませんでした。ごめんなさい・・・。

 

下北沢司法書士事務所 竹内友章

 

Read more

07.06.2019
なおったぜ!!

「違う制服の~♪女子高生を~~♪目で追ってるの知ってるのよ~♪♪」

ずっとずっと斜め後ろ頭らへんに痛いほど視線を感じていたいと思っていましたが

歌詞に「女子高生」と入っちゃってるので年齢とか時代とかもう色々アウトになってしまいました。

なのでもう椎名林檎様を見ても二度とそんなこと思わないことを誓います!

いや、昔思っていたことも記憶から今この瞬間に完全に消し去ります!!

 

・・・ということで憲法で保障された内心の自由を自主返納したモラルあふれる私ですが

どうしても返納できない権利もあります。

それは暑さを避ける権利です。なんと名付けましょうか?「避暑権?」「快適権?」

訳の分からないことをグダグダと長いこと書いておりますが、要するにエアコンが今まで

壊れていたのです。

 

涼しい!なんて快適なんだ。壊れている間に事務所にお越しいただいた方、本当にごめんなさい。

今度はもう大丈夫です。

文明の利器、エアコン様にひざまづいて感謝したい。

むしろひざまづかないようにするには精いっぱいの自制心を発動しなければなりません。

これで私の事務所だけ局地的にサウジアラビアと同じ気候になっても何も怖くないです。

ドンと来い夏!!!

 

・・・とエアコンをなおしてもらった昨日はおおはしゃぎしてましたが、

今日はドシャブリの梅雨入り。何ならまたしばらくエアコンいらないのでしょうか。

 

次はちゃんと法律知識書くので見捨てずに読んでくださいませ( ;∀;)

下北沢司法書士事務所 竹内友章

Read more